四つ葉のクローバーを育ててみて

2016年11月1日

以前、グッズ屋で植物培養キットを買いました。
ちっちゃな鉢の焼き物といった、四つ葉のクローバーの素材がついてある。
我々は植物を育て上げることがオススメスポットで、農業系の勉強に通っていたくらいなので、こういったキットにはすごく魅力を感じました。
直ちに家に帰ってキットを開封してみました。
5センチ程のちっちゃな鉢って、ビニールバッグに密封された壌土、それとほんの少しの素材がセットの内容だ。
壌土はビニールバッグから出して鉢に入れます。
この時点ではまったく壌土は縦5ミリ程の厚さしかありません。
スキンから多少温かめのお湯を鉢に注ぐと、壌土がそのお湯を吸い込んで膨らむ、についてでした。
とっととお湯を注いで、見た目を見てみます。
少し時間が経つと、確かに壌土はむくむくと膨らんで赴き、5食い分もすると全くふっくらとした栽培壌土になっているのでした。
そこに、素材をサラリと播いていきます。
素材は一体全体小さく、ごみもののので、うっかり飛ばさないように細心の注意を払いました。
素材を壌土の上に播き終えたら、爪楊枝で早く壌土をほぐし、素材の上に壌土を被せます。
これで種まきはフィニッシュだ。
あとは毎日霧吹きで水をやり、壌土を湿らせてやります。
室内で、通風の良い要素、日当たりの良い所に鉢を置き、1週ぐらい経ったお天道様。
壌土から、ほとんどカイワレもののたよりなくか細い芽が3媒体出始めました。
その芽のかわいさといったら無く、我々はクローバーのこれからの育ちが更に楽しみになったのでした。http://merrow.eek.jp/

コメントはまだありません

コメントは停止中です。